スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- 区切り 区切り - 区切り - 区切り

天才だ!

いや転載だ!!



久しぶりのまともな連休で抜け殻になっています。
休みってどうせアッちゅう間に終わるんよねぇ。

ちょっとの間、ボケボケと休んでる予定。


お早う御座います。
平八郎です。


日曜日の朝。

バイトから帰って来て
いいちこ片手にゴソゴソと蠢いていました。

とある方からの提案を頂いて
記事書いたりなんかしてちょっと遊んでいました。


エーイッ!!と
いつもの如くの行き当たりばったり攻撃!
徹夜明けの状態で小一時間程で記事を書き上げました。

なんとか出来たなぁ…
なんて思いつつ
ボタンをポチッとな。











あの…



記事がすっかり消えてんスけど…
どゆこと?



何やら操作を間違えちゃったみたい。

テへ!




テへ! とちゃうんじゃアホーーウッ!!!




人がせっかく書いたのにどないしてくれんねん!!



変なとこ押したん誰や!!



俺や!!



どうすんねんっ!!!



スマンッ!!



よし!素直に謝ったから許す!!



やった!ジョージ・ワシントンみたいに大統領なれる!?



無理!しかもソレはどうも創作っぽいらしいで!



ふーん。




・・・

・・・・

そんな脳内一人小芝居が始まったんですが記事が戻ってくる訳もなく。



しばらくフリーズしてしまった平八。

台所で朝飯を作ってくれていた三階の嫁八のもとへと一階から走って行きました。

ウチは四階建ての豪邸なんで、こういう時は不便。



ええ。

いつもの如くもちろん嘘です。

豪邸なわけがありません。

ちっちゃい2Kアパートです。

パソコンから台所までは歩いて二歩の距離でした。


んで嫁八に

コレコレコウで消えましたで、奥さん。

と報告。

二人であ〜あ、と言いながら苦笑いしてました。



後悔しても時既に遅し。

しゃあないんでポチポチと打ち直しました。

内容は頭に残ってたからええんですが、起きて来たチビ八の妨害にも困ったし

なにより、記事ぶっ飛びはやっぱりショックやね。



そんなこんなで書いてみた記事。

他人様のブログへコメントする為にチラリと作った他ブログへアップしてるんです。

そっちは更にひっそりとやっているんで何処かは内緒です。

どうせならその記事だけこちらに転載してみようと思ったの。

あっちをご存知で既に見て頂いた方は以下同記事なのでごめんなさい。



んな訳で決められたお題で書いてみた記事を見たい方(変わり者)だけ以下へどうぞ。
m(_ _)m



JUGEMテーマ:日記・一般


続きを読む >>

思い出酒 区切り 07:30 区切り comments(19) 区切り trackbacks(0) 区切り

ゴジラでもないのです。

モンゴリアーンッ!!



おはようございます。
チョップです。

嘘です。
キラー・カーンです。

これも嘘です。
平八郎です。

キラー・カーンなんて古いプロレスラーはアタイ知らないわ!
ってな言葉はおいといて。


この記事は前記事 『チビ八郎ではないのです。』 の続きです。


『まだ読んでねぇよ馬っ鹿野郎!』

ってな方はそちらから先にお読み頂けると有り難いです。
でないとキラー・カーンにモンゴリアンチョップされますからご注意を。



前回までのあらすじ。

ハンカチを水に浸してしまった平八郎。


どうなる!?
どうする!?
待て次号!!



これも嘘です。
あらすじ説明にもなってへんし。


若干グロテスクチックな表現やシモネタチックな表現が出ちゃうかもですので

『そんなんイヤや!』

というお方。

『食事中や!』

『食事前や!』

というお方。

読んでくれてもええですけど自己責任でお願いします。


それでも良ければ続きをどうぞ。

JUGEMテーマ:日記・一般

思い出酒 区切り 09:38 区切り comments(10) 区切り trackbacks(0) 区切り

チビ八郎ではないのです。

エイドリアーンッ!!



こんばんは。
ドリアンです。

嘘です。
今回は平八郎です。
しかもドリアンって食べたこと無いです。


昨日も職場の先輩お二人と平八家で呑んでました。
そんで今日は休みなので昼過ぎまで惰眠をむさぼってました。
ほんでスグに酒をむさぼり呑みました。
今もむさぼり呑んでます。


あー、しやわせ。


ドリアンで果物話を思い出したんですけど。
マンゴーってあるやないですか?




はい、ソコのふらちな想像をしたアナタ!

ええ、アナタです。
今何を想像しましたか?
いやらしい!
マンゴーですから間違えないで下さいね。


不埒なアナタはとりあえず罰として…


ん〜と、え〜と。

あ。

まず、トイレに行ってください。

ほんで便座をあげて下さい。

そんで便器に向かって


『王様のエイドリアンはマンゴスチーーーーンッ!!!』


って叫んで下さい。



叫んできましたか?
はいよろしい。

元ネタが『王様の耳はロバの耳』とはわかりにくいですけど。
そんな事はほっといて話を戻します。



学生時代。
実習船に乗って海外を回ったときのお話です。


たしかタヒチでの事です。
有名な画家が晩年を過ごしたアトリエに案内されて見学していました。

その建物の庭先にマンゴーの木がありました。
ガイドさんはこう言います。


『みんな死んでしまえばええのに!』



ちゃいました。
ちょっと間違えちゃいました。
そんな毒吐きガイドさんではなかったハズです。


ん〜と、え〜と。
あ。

『なっているマンゴーの実はご自由にお採り下さい。』

とかなんとか言ってました。

そこで皆は採ろうとしましたが、低い所は既に今までの観光客が採っちゃってます。
ピョンコピョンコ飛び跳ねて高い所のマンゴーを採ろうとしてます。

でも届きません。
シモジモの民には手が届きません。
さながら天空の城ラピュタの如く高い位置にあるんです。

下々の民は考えました。
『そうだ!アイツがいるじゃないか!』
『もしかしてパズーか?』
『せ・せえかーい! パズーに頼もう!』
『アイツはでかいしバレー部やからいけるじゃろうて!』
『んだんだ!』

そんな訳で平八郎ことパズ八郎の出番です。

『俺別にいらんねんけど… しゃあないなぁ。』

面倒ですが皆の為にやったるか、と構えるパズ八郎。


『バルス!!!』


崩壊の呪文を唱えたかと思うと、ジャンプ一閃!
見事マンゴーをゲッツです。

ちなみにバルスとは
ラピュタ語で閉じよ!という意味なのよウッフン!

と無駄知識をお色気たっぷりに披露してみました。


さて。
マンゴーゲッツです。
下々の民は大喜びです。

『俺にもとって〜!』
『ワシにもとって〜!』
『アタイにもとって〜!』

パズ八『おお、よしよし。ヒザマズケ!この愚民どもが!俺を崇め奉れ!ふはははー!』

そんな調子でいくつか採ってあげた心優しきパズ八郎。
いくつか採り終わったところで終了としました。
フト実習服のズボンを見ると染みがあります。


どうやらマンゴーの樹液みたいです。
実をモグと
ボタボタッ!
って感じで樹液が垂れるんです。


あららら。
しょうがなくハンカチを水に浸して染みを取る平八郎。





これが悲劇の始まりとは…



海と桜といいちこ 初の続く


お詫びといっちゃなんですが。
この頃の写真がコレです。
過去記事 『決闘! 太平洋巨大マグロ編』にも少しあげてみました。

画像悪いし昔のちっちゃい写真やから顔はわかんないはず…
(携帯で取り直してるので画像は悪いです。ごめんなさい。)



JUGEMテーマ:日記・一般

思い出酒 区切り 19:59 区切り comments(10) 区切り trackbacks(0) 区切り

決闘! 太平洋巨大マグロ編

疼く



傷がうずく・・・。
寒さが ぶり返すこんな日は。
あの時のヤツにやられた足の痛みが増す。

・・・あれ?
この痛みは部活で痛めた古傷でした。
ヤツは関係ありませんでした。


ヤツとは・・・
食べておいしい 見ておっきい。
部屋に飾って

『うわ!魚くさいし すんごい邪魔!』

な 皆さんご存じ鮪ちゃんです。


魚ヘンに有ると書いてまぐろ。
何が有るのかはわかりません。
あれかな?
一時騒がれた 体に良いっていうDHA(ドコサヘキサエン酸)かな?
『鮪とか青魚にはあれが多いのよね〜。 DNA!』
・・・と言い間違える人続出してましたね。

(DNAってデオキシリボ核酸か!アデニンやグアニンか!)
そんな突っ込みをいつも心の中でやっていました。


大学生時代の平八
遠洋航海に3ヶ月近く出ていました。
その途中で鮪操業もあったんです。

延縄(はえなわ)漁というものですな。
とっても大きなピンポン玉を2つ浮かべてその間になが〜いロープを張り、
そのロープから等間隔でいっぱい釣り針を垂らしていると考えて頂ければ。
エサをつけてしばらく設置したままにし、後で引き揚げるという漁です。

朝3時位とかに起きて皆でワッセワッセと延縄を仕掛けるんですよ。
タイミングを間違えたりすると
仕掛けに巻き込まれて海に引きずりこまれる ちと危険な作業。
餌は秋刀魚(さんま)。
仕掛けたら10時頃に引き上げるまでに朝食で腹ごしらえをする。
俺らのおかずも秋刀魚でした。

おおーいっ!!
俺らは鮪か!DHAか!
シトシンか!チミンか!と皆で騒いでました。
おいしかったけどね。

その後仕掛けをあげると
鮪やらカジキ、鰹(かつお)、あげくには鮫(さめ)なんかがあがってきます。
船にあげると鮮度を保つ為、すぐに魚をシメます。
成仏していただくんです。

平八は1メートル近くもあるような大きなキヅチで
鮪の頭をスコーン!カコーン!としばいていく役です。
ゴメンね、おいしく食べられてね、と心の中で謝りながら。

あがってくるのは40キロから50キロのキハダ鮪。

が、その時ベテラン乗組員が叫ぶ

『でかいぞ!!』

色めきたつ船上。
学生たちが固唾をのんで見守る中ヤツは現れた。
メバチマグロだ!



ヌボォッ!!!



そんな音が聞こえるかのようにヤツが巨大な顔を海面に突き出した。
乗組員がモリを打ち込む!
反転してそれをかわし、海中へと潜る。
なかなか寄ってこない。

しばらくのやり取りの後
次に出た瞬間!
投げたモリが見事に側頭部に突き立っていた。


オォ==ッ!!


歓声をあげる俺達。

『かっこええー!』
『スゲェーッ!』
『抱いて〜〜〜!』
『ドコサヘキサエンさーーーーん!』

様々な賞賛の声がモリを突き立てた乗組員に浴びせられる。
黒く焼けた顔にまっ白い歯をのぞかせ
片手をあげた彼は男の俺達でも本当にカッコ良く見えた。


船上にあげられたヤツ。
完全に急所を貫かれていないのかまだ暴れ続ける。
ハトヤのCMどころではない。
ピチピチ?
そんなもんではない。
約2メートル 100キロの巨体で暴れるのだ。


ドドドドドドドッッ!!!


押さえようとふざけてしがみついてみた。
もちろんすぐにぶっ飛ばされた。

くそー!俺の必殺技を食らえ!
ウッドハンマァァーーッ!  (結局はキヅチ)

ガスコーン!

ドドドドドドドッ!

あれ?
もう一度くらえー!

スポポーン!

・・・・・・ドド・・・ドドドドドドーッ!

チクソー! 平八キーック!!!

ドガッ!  よし! 大ダメージ!!!



俺の脚が大ダメージ!
そうなるとは思ったんやけどね;;

結局またもウッドハンマーを繰り出して
なんとか成仏していただきました。


漁の後、正真正銘、獲れたて!さばきたて!の中落ちを
3人の乗組員さんと俺とあと二人の学生で食べた。
うまかったー!
360度どこを見渡しても海。
その上でビールを呑む。
中落ちに味噌と酒とたまねぎをあえ、ナメロウ風にして。


もちろん、デオキシリボ核酸たっぷりでした。
DNAか!


本マグロもいいけど。
皆さん、生のメバチマグロも良いのは旨いんだよ^^




※写真を携帯で撮り直しているので画像が悪いのは許してね。




JUGEMテーマ:日記・一般


思い出酒 区切り 07:39 区切り comments(2) 区切り trackbacks(0) 区切り

朝ツメ酒

眠い



おはよう御座います。
平八郎です。
素敵なホテルで今、目覚めました。

環境もすこぶるよろしくて気持ちいい。
円筒形の外観。
暖房の効いた個室。
高さ40センチほどの建物の上にはつまみの残り。
そんで氷の溶けきった いいちこ。

ん?・・・・・・・・あれ? こたつやな。
すんません、これはホテルとちゃいました。
寝返り打つと
ガッ!!
って腰の横ぶつけて目が覚めるこたつちゃんでした。

でも人には最近お泊り多くてねーって見栄はっとこ。
ホテル・ド・コターツ に連泊してるって言い張っとこ。


今日・明日は お仕事は休み。
チビ八と嫁八はまだ四畳半のベッドルームで寝ているようです。
ただしベッド抜き。

んで、しょうがないからいいちこ注ぎ足して呑んでたんです。

鳥皮ポン酢を食ってムセて鼻にポン酢少し入って
ちょっぴり痛くて涙ぐみながら呑んでたんです。
初めての失恋のときの様に涙ぐみながら呑んでたんです。
さっきおチョイレ行くときに足の小指ぶつけて涙ぐんだように。

朝から二回も涙ぐんじゃいました。
これが
『最近涙腺が弱くてねぇ・・』
とか聞いたりするやつなん?
年を取ったって証拠なん?
誰かおしえて?

そんな感じでボケェ〜・・・としつつ
じっと手を眺めてあることを思い出したんですよ。

うん。
そうそう。
石川啄木。
働けど働けど〜〜 でデビューからオリコン1位になった人。
次の新曲 友がみな我より偉く〜〜 で紅白に出たお人。

それとは関係なく小学校5・6年の時のことかな?。
教室でバタバタと遊んでいた平八。
友達の机の前に止まったとき
ふと、その子の手に目がいったんです。
正確には爪なんやけどね。

その啄木ちゃんの爪をみて


平八:うわ!お前、爪 縦長やん!変なのー。

啄木ちゃん:え?普通やで? 働けど働けど我が暮らし楽にならざり やで ? じっと手をみる やで? 

平八:え〜?変やってー!俺の爪見てみ?横長やで!

啄木ちゃん:変かなぁ・・・皆もそうやと思うで。 友がみな我より偉く見ゆる日よ やで。 花を買い来て妻と親しむ やで。

平八:え?妻いるの?変なのー!


それから集まってきた友達から始まり、クラス中の皆の爪を見てまわった平八。


当然人間の爪は タテナガ でした。
まぁ、普通そうですわな。
丸っぽい子を見つけるのが関の山でした。
でも、爪は横長であるもんだと平八は思ってたんやもん。


へぇ〜ボタン連打しちゃいましたよ。
たぶん日本で一番最初にへぇボタン押したの平八です。
20年以上前ですもん。
へいはちの へ からへぇボタンになったらしいですから。

良かったね。
俺が只の 八郎 だったら
はぁ?ボタン になってるところでした。
訳わからん番組出来ちゃうところでした。

訳わからんVTRみて。
訳わからん補足説明きいて。
はぁ? はぁ? はぁ? はぁ? はぁ? って押しまくる
なんか腹立つ番組でけちゃうところでした。

ウチの父八郎も母八郎もそんなに
たーてーなーがーー!!ってな爪ではなかったし、ビックリしました。
しかし、気づくの遅〜。
小学校5・6年生って・・・


そんなしょうもないことを思い出していたら
ノスタルジックでムセ込みました。
あ、ポン酢が。
また涙ぐんできちゃった;;

今日3回目?。
これが年を取ったってこと?
ねえ?
教えて?


JUGEMテーマ:日記・一般


思い出酒 区切り 07:48 区切り comments(2) 区切り trackbacks(0) 区切り

+ 1/1PAGES +