<< 今日は眠いのでサクッと短く / main / コメントについての補足説明みたいなもの >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- 区切り 区切り - 区切り - 区切り

詩八郎2 今日は雨

おはようございます



雨が降っています。
季節外れの寒さです。


以下
そんな寝起きの羞恥プレイ。




JUGEMテーマ:小説/詩



  砂漠の水車




カラリカラリと廻るよ水車

ヒトすくい

またヒトすくい


サクリザクリと廻るよ水車

ヒトすくい

またヒトすくい


廻り続けろ小さな水車

水ヒト雫

またヒト沈く



万の砂中のワズカな雫
それを頼りに廻ります



少しずつでも廻れよ水車

砂カキながら

ハジかきながら


トワに続けと廻れよ水車

気をハリながら

ミエはりながら



砂の都でキシムよ水車

それでも乾かず廻ります

砂溢れさせて廻ります

朽ちる日までは廻ります

水ヒト雫で廻ります



古びた水車は廻ります
雫の意思で廻ります



雫はフタツへ
雫はミッツヘ
雫はヨッツヘ




雫は小さな流れへと

小さな流れは大河へと

大河は海へと続きます





   詩八郎

いいちこ作文 区切り 06:25 区切り comments(8) 区切り trackbacks(0) 区切り

スポンサーサイト

- 区切り 06:25 区切り - 区切り - 区切り

edit

Comment

はじめまして
実はこっそり拝見してました。

ぶっちゃけ、心に染み入りました。

ひと救い、またひと救い。
雫は澪か。

なるほど、海水浴の詩か...

まる 区切り 2008/05/31 10:00 AM

ふるさとの海に還ったひと滴は

憧れのお日様めざして

小さな小さな雲のひと粒になって

やがて 大地に舞い降ります

あの懐かしい
古い水車のもとにおりるかどうか

それは 神様のふでさばき次第

どこに降りても
水車はあります

沢山の水車があります


ぎしぎしくるしみながら回るもの

すいすいさわやかに回るもの


できれば私は
命を繋ぐ
ひと雫でありたいな

そんな思いを抱きながら






あるいは
砂漠に根を張る
健気な草に
そっと降りおつる
優しいひと雫でありたいなと


そうやって
命のリレーの中の
一番小さなリレーは

繰り返されているのかもしれません








…お粗末(羞恥返し




ちろりじろり 区切り 2008/05/31 10:29 AM

まるさんへお礼


いらっしゃいませ。
そして初めまして!


うん。
なかなかの読解力。
よくぞ海水浴の詩とわかりましたね。


そんな訳ないですけどね。


ただ
惜しいのは…


初めましてでは無い事を俺が知ってること。


ふははははは!
正体を見破っているのだ!

というよりも。
昨日見つけちゃってたんです^^v


んな訳でこれからもヨロシクです^^

平八郎 区切り 2008/05/31 10:33 AM

ちろさんへお礼


こんにちは。

ほほ〜。
ちろさん。
見事な羞恥プレイです。


いや。

母親ならではの大きさ。
女性ならではの優しさ。


優しい文章は流石です。


それと。
前回のコメントお返事で書き忘れましたが

うさい


海と桜といいちこ
で合ってますよね?

平八郎 区切り 2008/05/31 4:12 PM

素敵(^0^)

ナイス!



砂をすくって
砂を流して

人をすくって
涙を流して


心巣食って
愛を流す。



便乗してみた!←どうだ!みたいな(笑)

みなみ 区切り 2008/05/31 9:52 PM

みなみちゃんへお礼


お褒めの言葉をありがとう。

ナイスな うた返しもありがとう。



下僕の痛みに耐えてよく頑張った!
感動した!
便乗された!


(某国の ライオン丸 元首相より)


ただ
最後にもう一節あれば良かったかも。
例えば



砂をすくって
砂を流して

人をすくって
涙を流して

心巣食って
愛を流す

だけども
トイレは流しません!



とか? ←どうだ! ←何がだ!




スンマセン;;


平八郎 区切り 2008/05/31 10:10 PM

こんばんは


とりあえず………

ギャハハハハ(お約束)



ちょっと気になったんだけど………

気のせいかも知れないけど………



この水車って




平八郎さんのなりたい理想の姿?

E−Virus 区切り 2008/06/02 10:33 PM

Eさんへお礼



こんばんは!


ぶーはーはーはははははははははははははははははーー!




直球勝負か!
そのまんまツッコミか!
質問攻めか!(そんなに質問されてはいないけど)


え?
水車?
俺の理想の姿ですか?


う〜ん。
どうなんでしょ。


詩モドキみたいなのを書いてしまう時は
いつも思いついた事を書く?というのかな。
なんでしょね?


んん。
難しい。
何と言えばいいのやら。



強いて表現するならば



急に心に浮かぶモノがあります。
それは言葉ではないんです。


絵のような、
なんだかモヤリとしたイメージ。


その心に浮かんだ情景を
気持ちが描いている様を

そのまま羅列して出来るんです。


無数の気持ち。
色んな過去。
拭いきれない後悔の念など。


それらが絡み合って崩れ流れ落ちてくるんです。



今回で言えば水車。


それは


俺が思い描く理想像であるかもしれないし、
俺自体がスクワレルヒトシズクであるのかもしれません。



掬いなのか。
救いなのか。

それとも
巣くいなのか。


ヒトなのか。
他人なのか。


人なのか。
一なのか。


雫となるのか。
沈くとなるのか。


等々。



目を閉じれば浮かんではいるものの、
それらを紡いで言葉として表せている自信はありません。


いつ何を書いても そうです。
読んで頂く方の数だけ受けるイメージは違うでしょう。


大げさに言えば、
その人の過去の様々によるものなのかなとも想像しています。


同じ方であっても、
その時の状況や気分にも左右されるのかもしれません。


俺の気持ち、表現はそれ以上でもそれ以下でもないです。

読む方の気持ちや捉え方は
その人のその時そのものでもあるのです。


深く考え、格好つけて気持ちを見せるなんて器用な事は俺にはできないのです。


誤解されようとも
影で何を言われようとも。

砕けてもいいから本音でぶつかって行くしかできないのです。


それが俺自身なのです。
裏表なく生きたいだけなのです。




なんてね^^

真面目っぽく答えるなってことだコノヤロー!
わかったかコノヤロー!
どこまで本当なのかは内緒だコノヤロー!
シャーオラー!


あれ?
猪木さんから亀田君になっちゃった。



長文コメント風にしてみました^^v

普段の記事以上にもっと長くしようかと考えたけど
ここらでやめときますーー^^

平八郎 区切り 2008/06/02 11:42 PM

Submit Comment









Trackback URL

http://heihachirou.jugem.jp/trackback/40

Trackback